«
»

これが「宇宙作戦隊」のシンボルマークを発表

宇宙領域専門部隊、空自隊員が星や地球イメージして考案

「宇宙作戦隊」のシンボルマークを掲げる丸茂吉成航空幕僚長=31日、防衛省(時事)

「宇宙作戦隊」のシンボルマークを掲げる丸茂吉成航空幕僚長=31日、防衛省(時事)

 航空自衛隊は31日、5月に発足した「宇宙作戦隊」のシンボルマークを発表した。隊員が考案し、十字の星と地球、人工衛星の軌道を組み合わせたイメージに、山口県山陽小野田市に建設予定の宇宙監視レーダー施設のアンテナ6基を示す六つの円を加えた。

 作戦隊は、不審な衛星の監視などを担う自衛隊初の宇宙領域専門部隊。現在は拠点とする府中基地(東京都府中市)で教育訓練などを行っている。

 丸茂吉成航空幕僚長は同日の定例記者会見で、「無限の可能性と夢を表すシンボルの下に一致団結し、誇りを持って任務に取り組んでもらいたい」と述べた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。