«
»

豪雨被災地の復興に台湾から300万円の義援金

東京・六本木の日本台湾交流協会東京本部で

豪雨被災地の復興に台湾から300万円の義援金

義援金の目録を贈る謝長廷代表(左)と、谷崎泰明理事長=30日、東京・六本木の日本台湾交流協会東京本部、川瀬裕也撮影

 梅雨前線の影響により、熊本県を中心に発生した令和2年7月豪雨災害の被災地への義援金として、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は30日、東京・六本木の日本台湾交流協会東京本部で、台湾政府からの300万円の目録を同協会の谷崎泰明理事長に贈った。

 謝代表は「以前、台南や花蓮で地震が発生した際、日本からの多大な支援金と温かい友情に勇気づけられた」と振り返り、「わずかだが、被災地の復興に少しでも役立てれば」と語った。

 谷崎理事長は「自然災害は日本だけでなく台湾でも頻発している。このような形で両国が手を携えていくことは非常に大切。今回の義援金はその具体的な証しだ」と述べた。

 豪雨災害に関して蔡英文総統は5日、自身のツイッターに日本語で「連日の豪雨で(中略)複数の犠牲者が出たと知り、残念でならない。被災地が一日も早く日常を取り戻せるよう、心より願っている」と投稿。これに対し安倍晋三首相は20日、ツイッターで「患難見真情(困難に遭って、はじめて真の友を知る)」と感謝の言葉を返した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。