«
»

東海地方の大雨で倒れた樹齢1300年のご神木

岐阜県瑞浪市の「大湫神明神社」で

東海地方の大雨で倒れた樹齢1300年のご神木

東海地方を襲った大雨で倒れた、「大湫神明神社」の樹齢約1300年と推定されるご神木=16日、岐阜県瑞浪市(時事)

 東海地方を襲った大雨で11日夜、岐阜県瑞浪市の「大湫神明神社」の樹齢約1300年と推定されるご神木が倒れた。

 高さ約40㍍、幹回りは約11㍍の杉の大木。幸い人的被害はなく、周囲の民家にもほとんど影響はなかった。

 神社の隣に住む玉置憲政さん(73)は「家族5人が無事だったのは、ご神木のおかげ。(倒れたことは)ショックでも、感謝の方が大きい」と語った。県の天然記念物でもあり、県と市は復旧作業に苦慮している。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。