«
»

トランプタワー前に巨大黄色文字でスローガン

米ニューヨーク5番街の路上に「黒人の命は大切」

トランプタワー前に巨大黄色文字でスローガン

9日、ニューヨークのトランプタワー前の路上で反人種差別スローガン「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」を黄色い文字で描くデブラシオ市長(中央・青いシャツ着用の男性)ら(EPA時事)

 米東部ニューヨーク市のデブラシオ市長らは9日、トランプ大統領が就任前に拠点としていたトランプタワー前の路上に人種差別に抗議するスローガン「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」を巨大な黄色い文字で描いた。
 黒人男性暴行死事件を機に全米に広がった抗議デモを受け、米国ではホワイトハウス周辺の通りをはじめ各地で同様の文字が描かれている。

 トランプタワーは高級ブランド店が立ち並ぶ5番街にある超高層ビル。デブラシオ市長は「米国では黒人の命は大切だ。ドナルド・トランプが理解していないことを(描いて)彼に見せよう」と呼び掛けた。

 トランプ氏は先に、ツイッターで「高級な通りをおとしめようとしている」と反発し、スローガンを「憎悪の象徴」と批判していた。これに対し、市長はこの日、「何もおとしめていない。われわれは5番街を解放する」と反論。双方の対立が改めて際立っている。(ニューヨーク時事)

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。