«
»

川勝静岡県知事、リニア工事の国提案を拒否

国交省の藤田事務次官と会談、JR東海の金子社長とも

川勝静岡県知事、リニア工事の国提案を拒否

静岡県の川勝平太知事(左)と会談する国土交通省の藤田耕三事務次官=10日午後、同県庁(時事)

 リニア中央新幹線の静岡県内の工事が中断している問題で、静岡県の川勝平太知事は10日、静岡県庁で国土交通省の藤田耕三事務次官と会談した。藤田次官は同省からの提案を説明し、トンネル掘削前の準備工事の実施を認めるよう要請。これに対し、川勝知事は「準備工事はトンネル工事と一体だと結論が出ている」として提案を拒否した。

 会談は県のホームページで生配信された。川勝知事は、豪雨によって工事現場付近で土砂崩れなどが起きていることも指摘し、同省の提案を「現場を無視した空論だ」と批判した。

 この問題では、JR東海が工事の再開を求めているのに対し、県はトンネル掘削による大井川の流量低下を懸念して認めていない。

 会談で、藤田次官は同省の提案を大井川の流域市町にも説明したいと申し出て、川勝知事も承諾した。会談後、藤田次官は記者団に「見解の相違はあったが率直な話し合いができた」と話した。

 同省の提案は、県に準備工事の実施を認め、7月の早い時期に必要な手続きを進めることを要請する内容。同時にJR東海には環境問題を話し合う国の有識者会議の議論などが終わるまではトンネル掘削に着手しないよう求めている。

 藤田次官は同日午前、同省内でJR東海の金子慎社長とも会談。金子社長は提案を受諾した。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。