«
»

エアアジア・ジャパンが「空の旅」安心アピール

非接触型のチェックイン機など、運航再開へコロナ対策

エアアジア・ジャパンが「空の旅」安心アピール

機内で消毒作業の実演を行うエアアジア・ジャパンの客室乗務員=9日、愛知県常滑市(時事)

 中部空港を拠点とするエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)は9日、非接触型のチェックイン機など、新型コロナウイルスの感染予防策を報道陣に公開した。4月上旬から全面運休していたが、8月の国内線運航再開に向け安心安全なサービスをアピールしたい考え。

 感染予防では、乗客と従業員の接触を最小限にするため、タッチパネルに触らなくても搭乗手続きができるセルフチェックイン機を導入。機内では3分置きに換気を行うほか、客室乗務員が1回の運航ごとに機内のシートや窓、荷物棚などを消毒する。

 同社は8月1日から、札幌や仙台を結ぶ従来路線を再開するほか、新たに福岡路線の運航も始める予定。会田純代表取締役は記者会見で「新しい生活様式を踏まえた取り組みを進めている。安心して空の旅を楽しんでいただきたい」と語った。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。