«
»

「海月空感」で1500匹のミズクラゲと一体感

東京・サンシャイン水族館で、新展示エリアがオープン

「海月空感」で1500匹のミズクラゲと一体感

サンシャイン水族館でオープンした新展示エリア「海月空感(くらげくうかん)」=9日、東京都豊島区(時事)

 サンシャイン水族館(東京都豊島区)は9日、新展示エリア「海月空感(くらげくうかん)」をオープンさせた。幅約14㍍のパノラマ水槽が目玉。

 同展示エリアでは照明や音響などで暗い海の中を漂っているような空間を演出。大きな弧を描いた水槽の前に立つと、約1500匹のミズクラゲと一体感を味わえる。

 丸山克志館長は「クラゲの姿から生きる力や癒やしを感じてもらえれば」と話した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。