«
»

小泉環境相、経団連の中西宏明会長らと意見交換

環境先進国として復権、CO2排出実質ゼロで協力確認

小泉環境相、経団連の中西宏明会長らと意見交換

経団連との意見交換会であいさつする小泉進次郎環境相=8日、東京都千代田区の経団連会館(時事)

 小泉進次郎環境相は8日、経団連の中西宏明会長らと東京都内で意見交換した。経団連が掲げる、二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロを目指す「チャレンジ・ゼロ」構想について各企業の具体的な取り組みを聞き、再生可能エネルギーの導入拡大などに向け環境省が協力していくことを確認した。

 会合冒頭、小泉環境相は「今後も定期的な意見交換の場を設置してほしい。多様な意見に触れながら、どう日本が環境先進国として復権できるか議論を進めたい」と述べた。中西会長は「チャレンジ・ゼロはCO2排出ゼロに向け旗を揚げている。具体化の推進がこれから大きな課題になってくる」と語った。

 経団連は、昨年12月に「チャレンジ・ゼロ」構想を発表。今年6月に137社・団体が参加を表明し、CO2削減に向けた技術開発の内容などを報告している。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。