«
»

東京国立博物館で特別展「きもの KIMONO」

時代を越えた着物が一堂に、「YOSHIKIKIMONO」も

東京国立博物館で特別展「きもの KIMONO」

特別展「きもの KIMONO」(主催:東京国立博物館ほか)

 東京国立博物館平成館(東京都台東区)で6月30日から始まった特別展「きもの KIMONO」(主催:東京国立博物館ほか)。

 同展は、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・篤姫など歴史上の著名人が着用した着物のほか、尾形光琳直筆の小袖、着物が描かれた国宝の絵画作品など約300件が一堂に会し、鎌倉時代から現代まで、きものをテーマにした展示としてはかつてない規模の展覧会となっている。

 さらに、現代を代表するデザイナーの一人としてミュージシャンのYOSHIKIが手掛けた「YOSHIKIMONO」ブランドの着物などが展示されている。

 会期は、前期後期に分かれ、前期は7月26日まで。後期は7月28日から8月23日まで。観覧料は観覧セット券(日時指定)、一般1700円。大学生1200円、高校生900円。

 新型コロナウイルス感染拡大予防のため事前予約が必要。問い合わせ、(電)03(5777)8600まで。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。