«
»

「いきなり!ステーキ」がニューヨークから撤退

本場で客足が伸びずに苦戦、新型コロナ拡大も追い打ち

「いきなり!ステーキ」がニューヨークから撤退

「いきなり!ステーキ」海外1号店の開店記念式典でテープカットするペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長(中央)=2017年2月23日、米ニューヨーク・マンハッタン(時事)

 ステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスが、現在4店舗を展開する米ニューヨークからの撤退を決めたことが2日、分かった。立ち食いなど日本で成功した斬新なスタイルでステーキの本場に挑んだが、客足が伸びずに苦戦。新型コロナウイルス感染拡大による営業停止も追い打ちとなった。

 「いきなり!」は2017年、ニューヨークに海外1号店をオープン。中心部マンハッタンで店舗を一気に11店まで増やした。18年には米国での知名度向上などを狙い、日本の外食チェーンとして初めてナスダック市場に株式を上場した。

 しかし「高級ステーキ店の半額以下」(一瀬邦夫社長)でも客足は低迷。椅子の設置など現地に合わせた取り組みも奏功しなかった。昨年には全11店中7店を閉鎖し、残る4店のうち2店も別業態の「ペッパーランチ」に転換。ナスダックへの上場も廃止した。

 関係者によると、規模を縮小して反転攻勢を図ったが、新型コロナの影響で今年3月に全店舗の休業に追い込まれたことがさらなる打撃となった。従業員を一時解雇したものの、家賃負担などが重く、資金繰りが悪化していたとされる。(ニューヨーク時事)

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。