«
»

新潟県が簡易型のPCR検査ブースを公開

調達が困難な防護服がなくても利用できる

新潟県が簡易型のPCR検査ブースを公開

新潟県が公開した、調達が困難な防護服がなくても利用できる簡易型のPCR検査ブース

 新潟県は、新型コロナウイルス感染症対策として、県内企業と共同で製作した簡易型のPCR検査ブースを公開した。調達が困難な防護服がなくても利用できる。

 ブースは前と両脇が透明な板で覆われ、前方の板に二つの穴がある。内側に医師らが入り、穴に手を通して外側にいる人の検体を採取する。手袋や袖カバー、マスクのみで感染を予防できる。

 高齢者らが椅子に座って検査を受けられるよう、ブースの外側に手すりを付けるなどの工夫を重ねた。県が設置し医師会が運営する検査センターで使用される。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。