«
»

ソフトバンクの王貞治球団会長、腕まくり

オンライン取材で、「異例の今季を『プラス』に」

ソフトバンクの王貞治球団会長、腕まくり

オンライン取材に応じ、今季について語るソフトバンクの王貞治会長=29日(Zoomより・時事)

 ソフトバンクの王貞治球団会長が29日、オンライン取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で遅れていたプロ野球の開幕日が6月19日に決まったことについて、「選手たちの調整にも力が入ってきている。2020年型の野球を、新たな気持ちで楽しみにしている」と語った。

 今季は試合数が120に減る見込みで、当面は無観客での開催に。異例ずくめのシーズンを前に「この状況でやることで、自分たちの力をどう発揮するか」と開幕を待ち構える。「逆に言うと、腕の見せどころだと思う。新鮮な戦いができるのだと、プラスの要素と考えながら、試合に取り組みたい」と話した。

 チームは3年ぶりのリーグ優勝と、日本シリーズ4連覇を目指す。「試合数が少なく、スタートダッシュが大事になる」と言い、「ファンの皆さんには映像で見てもらうことはできる。見てくれているという思いを強く持って、ひとつひとつのプレーに集中していきたい」と決意を述べた。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。