«
»

小学生へ「柔道から学んだことで夢をかなえて」

東京五輪代表の大野将平と永瀬貴規がオンライン柔道教室

小学生へ「柔道から学んだことで夢をかなえて」

小学生へのオンライン柔道教室を行う大野将平(中段右端)と永瀬貴規(下段左端)=29日(時事)

 柔道の東京五輪代表で男子73キロ級の大野将平と、同81キロ級の永瀬貴規(ともに旭化成)が29日、小学5、6年生10人に向けたオンラインの柔道教室を開いた。新型コロナウイルスの影響で大会がなくなった小学生を勇気づけたい思いから企画し、道場での稽古が制限される中でも一人でできる練習を紹介。質問にも丁寧に答えた。

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの大野は「柔道で学んだことを基に夢をかなえてください」とメッセージを送った。受けを強化するために階段や坂道のダッシュを勧め、「小学生のうちから足腰を強くすることで、大きな土台ができる」と説いた。

 リオ五輪銅の永瀬は、鉄棒に掛けた柔道着をつかんで体を持ち上げる動画を見せ、「道着を握る力も鍛えられるし、相手を引き付けるトレーニングにもなる」と伝えた。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。