«
»

西武が新型コロナに尽力する医療従事者を支援

監督や選手の直筆サイン入り道具を慈善オークション出品

西武が新型コロナに尽力する医療従事者を支援

チャリティーオークションに出品したバットを手に持つ西武の源田(球団提供・時事)

 西武は25日、新型コロナウイルス感染症治療などに尽力する医療従事者を支援するため、辻発彦監督、松坂大輔投手、源田壮亮内野手らの直筆サイン入り野球道具計10品をインターネットオークションサイト「ヤフオク!エールオークション」に出品したと発表した。

 チャリティーを目的につくられた同サイトで、31日午後10時ごろまで販売される。利益は「埼玉県新型コロナウイルス感染症対策推進基金」に寄付され、医療機関の活動支援などの費用に充てられる。

 第2回は6月8日午前0時から同14日午後10時ごろまで実施する。

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。