«
»

コロナ禍で戦後初、「夏の甲子園」の開催を断念

オンラインで記者会見、八田日本高野連会長「断腸の思い」

コロナ禍で戦後初、「夏の甲子園」の開催を断念

第102回全国高校野球選手権大会が行われる予定だった阪神甲子園球場=20日午後、兵庫県西宮市(時事) 

 日本高校野球連盟は20日、甲子園球場で8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会を中止すると発表した。6月下旬から8月初めにかけて予定していた49の地方大会も取りやめる。「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、選手や観客の安全、健康を守るため中止が必要」とした。3月の選抜大会に続く全国大会開催断念となる。

 オンラインで記者会見した日本高野連の八田英二会長は、「苦渋の決断を伝える悲しい日になった。開催できないことは断腸の思い」と語った。

 夏の甲子園大会の中止は戦後初。米騒動があった1918年の第4回大会、戦時色が強まった41年の第27回大会に続き3度目。戦争の影響で中断した1942~45年を除けば、春夏連続の中止は初めて。

 全国選手権大会は47都道府県から49校が出場し、2日間の休養日を含めて16日間開かれる予定だった。しかし、新型コロナの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言発令を受け、多くの学校が休校し、部活動も中断した。代表校を決める地方大会の通常開催も難しい状況になっていた。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。