«
»

大戸屋がお店で人気メニューの冷凍食品を販売

焼き魚など8種類、コロナ苦境で「巣ごもり消費」に商機

大戸屋がお店で人気メニューの冷凍食品を販売

大戸屋ホールディングスが新たに販売する冷凍食品。焼き魚など8種類をそろえる=19日、東京都新宿区(時事)

 定食チェーンの大戸屋ホールディングスは19日、お店で人気のメニューの冷凍食品を販売すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で苦境が続く中、自宅で食事を取る「巣ごもり消費」に商機を見いだす。

 20日から東京都、埼玉・千葉・神奈川各県の22店舗で8種類を発売。メニューは、1番人気の「鶏と野菜の黒酢あん」(580円)や「さば塩焼き」(520円)のほか、「デミハンバーグ」(550円)など冷凍食品限定の商品も用意している。

 自宅から店舗が遠く頻繁に来店できないシニア層らがターゲット。大戸屋の村山康介取締役は「家でも店の味を楽しめる」と話す。将来はコンビニエンスストアやスーパーでの販売も視野に入れている。

5

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。