«
»

「在宅ワークのストレスで夫が暴力を振るう」

DV・虐待の深刻化が懸念、支援団体に相談が寄せられる

「在宅ワークのストレスで夫が暴力を振るう」

内閣府が開設した「DV相談+(プラス)」のホームページ(時事)

 「在宅ワークでストレスがたまり、夫が暴力を振るう」。新型コロナウイルスの感染拡大で、在宅勤務や休校に伴う自宅待機が長期化する中、ドメスティックバイオレンス(DV)や児童虐待の被害を訴える相談が寄せられるようになり、支援団体などから深刻化を懸念する声が上がっている。

 問題を抱える10~20代の女性を支援する「BONDプロジェクト」に、20代前半の女性から相談があった。これまでも同居の男性から殴る蹴るなどの暴行を受けていたが、男性が在宅勤務になると暴力はさらに強く、長時間になった。1日のほとんどを家で過ごすため、女性は監視下に置かれたような状態になり、逃げることも難しいという。

 10代女性は親からの虐待に悩んでいた。それでも、学校に行き、遅くに帰宅することで親と顔を合わせる時間を短くし、何とかやり過ごしていた。しかし、学校が休みになって自宅にいる時間が増えるに従い、親からの言葉の暴力にさらされるようになった。逃げ場を失った女性は、自宅でおびえた日々を過ごしていると同団体に話した。

 DV被害は、東日本大震災やリーマン・ショックの後にも深刻化した。民間シェルター「女性の家HELP」の担当者は「イライラしたり無気力になったりすると、家族に暴力が向いてしまうことがある。気の持ちようではどうにもならない不安が続くと、誰にでも起こりうることだ」と指摘する。

 内閣府によると、自治体などに寄せられた相談数にはまだ変化は表れていない。しかし、支援団体は「配偶者や子供が在宅する環境では、電話相談をためらう被害者も多い」とする。内閣府は、メールやチャットでも相談ができる「DV相談+(プラス)」を開設しており、「気軽に相談を」と呼び掛けている。

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。