«
»

東京五輪は来年7月23日、パラは8月24日開幕

組織委・東京都・日本政府・IOCが電話会議で合意

東京五輪は来年7月23日、パラは8月24日開幕

東京五輪が来年7月23日に開幕することが決まり、再稼働したカウントダウンボード=30日午後、東京都千代田区(時事)

東京五輪は来年7月23日、パラは8月24日開幕

東京五輪が来年7月23日に開幕することが決まり、記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(左)と武藤敏郎事務総長=30日午後、東京都中央区(時事)

 今夏からの延期が決まった東京五輪が、2021年7月23日に開幕することが30日、発表された。大会組織委員会と東京都、日本政府、国際オリンピック委員会(IOC)が同日夜の電話会議で合意した。大会は8月8日までの計17日間で、当初計画していた今年7月24日の開幕からほぼ1年後となる。東京パラリンピックは五輪終了後の8月24日~9月5日に開催することで国際パラリンピック委員会(IPC)と合意した。


放映権者の意向が強く、リスクを避けて同じ夏に決める

 来年に延期された東京五輪の開幕が7月23日に決まった。新型コロナウイルス感染の収束はまだ見通せず、「1年程度」とした枠組みの中で、優先事項はできるだけ長く準備期間を確保すること。IOCに巨額の放映権料を払うテレビ局の意向も強かった。
 国際競技団体などからは当初と同じ夏以外に酷暑を避けられる春、9~10月の開催案も出ていた。IOCのバッハ会長も幅広い可能性を示唆していたが、相手は目に見えないウイルス。無用のリスクは背負えなかった。春開催は選択肢から消えた。

 大会組織委幹部は「同じことが起きたら次はアウト」と話し、ウイルス感染の影響で開催を再延期するのは極めて難しいとみる。来年7月開幕でも、聖火リレーは予定通りなら3月下旬から。今後決まる代表選考や予選もある。「年末までにはコロナが収まっている必要がある」という。

 それ以前に放映権者の声は大きかった。ある五輪関係者によると、来年への延期が決まった後、米国向けの独占放映権を持つNBC幹部が来日した際に「春開催なんてとんでもない、と言っていたようだ」。秋だけでなく、春もメジャーなプロスポーツがひしめく季節だけに、不測の事態とはいえ譲れなかった。

 既存施設の借用や「かなり巨額」とされる追加経費の分担協議はこれから。開幕日に合わせて競技日程も当初の予定から1日スライドしたとしても、難題は待ち受ける。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。