«
»

警察庁、五輪専用・優先レーンの標識を決定

子供のために「横断禁止」に代わり「わたるな」使用可

警察庁、五輪専用・優先レーンの標識を決定

警察庁が決定した東京五輪・パラリンピックの大会関係者の専用レーンの標識(同庁提供・時事)

 警察庁は12日、昨年5月に大津市で保育園児ら16人が死傷した事故などを受けた交通安全対策の一環で、低年齢の子供が道路の歩行者横断禁止を理解できるよう、「横断禁止」に代わり標識の文字に「わたるな」を近く使用可能にすると発表した。

 また、東京五輪・パラリンピックの開催期間中に選手ら大会関係者が円滑に車で移動するための専用・優先レーンの標識も決定した。7月1日~9月30日に限って使われる。

 警察庁は1月に標識案などを公表。「『わたっちゃだめ!』の方がいい」「五輪マークを使用するべきだ」など55件の意見が寄せられたが、当初の案を採用した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。