«
»

地球から1000光年先、木星型のガス惑星を発見

18時間半と最も短い公転周期の「ホット・ジュピター」

地球から1000光年先、木星型のガス惑星を発見

地球から約1000光年離れた恒星の周りを回るガス惑星(画像中央右)の想像図。太陽に当たる恒星に近く、熱い木星型ガス惑星「ホットジュピター」の中では、公転周期が約18時間半と最も短い(英ウォーリック大提供・時事)

 地球から約1000光年離れた恒星のそばで、公転周期が約18時間半しかない木星型のガス惑星を発見したと、英ウォーリック大などの研究チームがこのほど英王立天文学会月報に発表した。太陽に当たる恒星に近く、熱い木星型のガス惑星は「ホット・ジュピター」と呼ばれるが、これまで見つかった中で公転周期が最も短いという。

 研究チームは南米チリの高地にある欧州南天天文台の施設に設置された太陽系外惑星専用の望遠鏡群「次世代トランジット・サーベイ(NGTS)」を使用。惑星が公転して恒星の手前を横切る際、恒星の明るさが周期的に暗くなる現象を観測する「トランジット法」で、この木星型ガス惑星「NGTS―10b」を発見した。

 この惑星の大きさは木星の1・2倍、質量は2倍超で、恒星との間の距離は地球-太陽間の1・4%程度と推定された。恒星は太陽に比べ、大きさ、質量とも7割だが、誕生から約100億年経過しているとみられ、年齢は太陽の2倍超という。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。