«
»

赤羽国交相、公共交通にマスクを優先的に供給

新型ウイルス対策で検討、足立区のタクシー営業所を視察

赤羽国交相、公共交通にマスクを優先的に供給

タクシーの営業所を視察し、車内消毒について説明を受ける赤羽一嘉国土交通相(右)=16日午後、東京都足立区(時事)

 赤羽一嘉国土交通相は16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、医療機関だけではなくタクシーを含む公共交通機関にもマスクが優先的に供給されるよう政府内で検討していると明らかにした。視察に訪れた東京都足立区のタクシー営業所で記者団の取材に応じた。

 赤羽国交相は「公共交通機関を通じた感染拡大があってはならない」と強調。「現場の(運転手の)皆さんが、マスクがないからマスクを着けることができないという状況にならないように最大の努力をしたい」と述べた。

 国交省はバスやタクシーの事業者に対し、運転手の手洗いやマスク着用に加え、体温測定といった健康管理を行い、発熱やせきなどがある場合は乗務させないよう要請している。タクシーでは、これまでに都内などで運転手の感染が判明。運転手の濃厚接触者にも感染が確認されている。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。