«
»

給食にブルガリアの郷土料理「ムサカ」を提供

岡山市の小中学校で、東京五輪のホストタウンの取り組み

給食にブルガリアの郷土料理「ムサカ」を提供

ブルガリアの郷土料理「ムサカ」を味わう児童ら=28日午後、岡山市北区(時事)

 岡山市の小中学校の給食で、ブルガリアの郷土料理「ムサカ」が提供された。

 同市は、東京五輪・パラリンピックでブルガリアのホストタウンに登録されている。市立伊島小学校6年3組の教室では、栄養教諭からホストタウンの取り組みとブルガリアについての説明があった後、児童が異国の味を楽しんだ。

 ムサカは、炒めた豚ひき肉やジャガイモなどに、卵とヨーグルトのソースをかけ、オーブンで焼いた料理。ヨーグルトはブルガリアの特産品で、児童は「後からヨーグルトの味がする」などと話していた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。