«
»

J1神戸のイニエスタと横浜Cのカズが共演

開幕前イベント「キックオフカンファレンス」を開催

J1神戸のイニエスタと横浜Cのカズが共演

開幕前イベント「キックオフカンファレンス」で、健闘を誓い合う横浜Cの三浦知良(右)と神戸のイニエスタ=14日、東京都港区(時事)

 Jリーグは14日、J1全18クラブがそろっての開幕前イベント「キックオフカンファレンス」を東京都内で開き、開幕カードごとにチームの代表選手が抱負を語った。

 大きな注目を集めたのが、23日にぶつかる神戸のイニエスタと横浜Cの三浦。元スペイン代表のイニエスタが「彼(三浦)と開幕戦をできることは楽しみ」と意気込むと、52歳の三浦は「(神戸は)天皇杯も取って勢いのあるチーム。何とか勝利できるように全力を尽くしたい」と笑顔を交えて応じた。

 東京五輪イヤーでもあり、多くの五輪世代の選手がチームを代表して出席した。上田(鹿島)は「まずは鹿島で活躍することに集中しつつ、五輪にこだわりたい」と思いを述べた。

◆   ◇   ◆

カズはイニエスタに感銘、イニエスタは対戦を心待ちに

 神戸のイニエスタと対面した横浜Cの三浦は、元スペイン代表の人柄に感銘を受けたようだ。「とても謙虚な印象。周囲にも気遣うし、若い選手へのリスペクトもする。ああいう接し方は学ぶべきところがある」と話した。

 壇上で報道陣から質問を受ける合間に、三浦はポルトガル語やイタリア語を使って会話。自身の古巣でもある神戸での生活を尋ね、舞台裏ではJリーグのレベルについて意見を求めて親睦を深めたという。

 今月26日で53歳になる三浦が、出場やゴールのJ1最年長記録更新へ意気込むと、35歳のイニエスタは「サッカーへの情熱を失わず、練習に打ち込む姿は本当に尊敬する。ともにピッチで試合をできることを願う」。対戦を心待ちにしていた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。