«
»

6層構造の「制止菌マスク」の製造が急ピッチ

宮城県大崎市の衣料品メーカー互福衣料の鹿島台工場で

6層構造の「制止菌マスク」の製造が急ピッチ

互福衣料の鹿島台工場で急ピッチで進められている、6層構造の「制止菌マスク」の製造=13日、宮城県大崎市(時事)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクが不足する中、衣料品メーカー互福衣料の鹿島台工場(宮城県大崎市)では、6層構造の「制止菌マスク」の製造が急ピッチで進められている。

 通常の3~4倍の注文が殺到し、従業員が休み返上で対応。国内のみならず、中国など海外にも出荷した。同社の青木恒雄専務は「早く終息してほしいが、困っている人がいるかぎり製造を続けたい」と話した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。