«
»

ガッツポーズで喜び、112歳の渡辺智哲さん

新潟県上越市在住、世界最高齢の男性でギネス認定

ガッツポーズで喜び、112歳の渡辺智哲さん

世界最高齢の男性としてギネス世界記録に認定された渡辺智哲さん=12日午後、新潟県上越市(代表撮影・時事)

 新潟県上越市に住む112歳の渡辺智哲さんが12日、世界最高齢の男性としてギネス・ワールド・レコーズ社に認定され、入所する介護老人保健施設で公式認定証を授与された。

 認定証を受け取った渡辺さんは「おめでとう」と言って喜び、記念撮影にはガッツポーズで応じた。習字が趣味といい、「世界一」と揮毫(きごう)した書を披露した。

 渡辺さんは1907(明治40)年3月5日に同県浦川原村(現上越市)で生まれた。農学校を卒業後、台湾で製糖会社に勤め、終戦後に帰国。新潟県庁の出先機関で定年まで働いた。

 長寿の秘訣(ひけつ)は「笑うこと」。12人の孫と16人のひ孫からは「おっきいおじいちゃん」と呼ばれている。渡辺さんの長男の妻、洋子さんによると、孫やひ孫らは「おっきいおじいちゃんが世界一だって」と話し、この日を待ち望んでいた。

 施設で介護を担当する職員によると、渡辺さんは昨年末に一時体調が悪くなったが、現在は三食を欠かさず、好物のプリンやアイスクリームも喜んで食べているという。

 ギネス社は、これまで記録を認定していた北海道足寄町の野中正造さんが昨年1月に亡くなったことを受け、調査していた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。