«
»

内閣府、焼失した首里城の復元工事を開始

足場を組み立て、瓦を移動、建物の解体と再建に向け準備

内閣府、焼失した首里城の復元工事を開始

首里城の復元工事が始まり、破損した瓦を集める職人ら=10日午後、那覇市(時事)

 内閣府は10日、昨年10月の火災で焼失した首里城(那覇市)の復元工事を開始し、報道陣に公開した。初日は足場を組み立てたり、破損した瓦を集めて移動したりして、建物の解体と再建に向けた準備を進めた。

 着手したのは全焼した北殿と、一部が焼けた奉神門。国や沖縄県は、復旧工事を進めながら可能な限り一般客も見学できるようにする方針で、大型連休には焼失した正殿跡地の地下にある世界遺産の遺構を再公開する予定。視察に訪れた玉城デニー知事は「次第に建ち上がっていく首里城の様子を見ていただきたい」と述べた。

 昨年の火災では、正殿が全焼するなど8棟が焼失した。国などは建物を順次復元する方針だが、全て木造だった正殿については、材料や工法などを有識者らで議論した上で工事に着手する。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。