«
»

「や座」の連星、2083年ごろ金星並みに輝く?

米ルイジアナ州立大、恒星と白色矮星が合体すると予想

「や座」の連星、2083年ごろ金星並みに輝く?

わし座に隣接する「や(矢)座」の方向にある連星の想像図。恒星(画像右)のガスが白色矮星(同左)に流れ込んでおり、2083年ごろに合体して金星並みに輝く可能性がある(米ルイジアナ州立大提供・時事)

 わし座に隣接する「や(矢)座」の方向に約7800光年離れた所にある連星は、2083年ごろに合体して輝くと、米ルイジアナ州立大の研究チームが21日までに発表した。現在は暗いが、夜空に見える恒星で最も明るいおおいぬ座のシリウスか、金星並みの明るさとなり、約1カ月間輝く可能性があるという。

 この連星は質量が太陽の3・3倍ある恒星と0・85倍の白色矮星(わいせい)から成り、互いに回っている。白色矮星は恒星が寿命に近づき、膨張して赤色巨星になった後、外側のガスが流出して縮小した星。

 19世紀末から残る天体写真の解析や宇宙望遠鏡による観測の結果、この連星は徐々に接近し、恒星のガスが白色矮星の周囲に流れ込んで明るくなりつつあることが判明。2067年から99年の間、おそらくは83年ごろに合体して輝く可能性が高いと予想された。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。