■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 阪神大震災から25年、6434本の明かりで追悼

    阪神大震災から25年、6434本の明かりで追悼

    阪神大震災の追悼の集いで、ろうそくをともし手を合わせる人たち=16日午後、兵庫県伊丹市(時事)

     6434人が犠牲となった阪神大震災の発生から25年となるのを前に、兵庫県伊丹市にある昆陽池公園では16日夕、6434本のろうそくに火をともして犠牲者をしのぶ追悼の集いが開かれ、参加者約450人が黙とうした。地震発生時刻の17日午前5時46分まで12時間にわたり、明かりをともし続ける。


    神戸の20歳女子学生の原郁海さん、震災を自分のことに

    阪神大震災から25年、6434本の明かりで追悼

    「チーム・リメンバー117」メンバーの原郁海さん=2019年11月20日、神戸市中央区(時事)

     阪神大震災を直接体験していない若者らが、災害をテーマに取材した記事を掲載しているウェブサイトが「リメンバー117」だ。参加する神戸女子大2年の原郁海さん(20)神戸市須磨区は、「自分は大丈夫」と災害への危機意識が乏しかったが、「初めて重くとらえ始めた」と語る。

     発生から25年を迎えるのを機に兵庫県などが企画し、震災以降に生まれた高校生と大学生計27人が参加。各自、「災害とキャッシュレス」「ボランティアと就活」など興味があるテーマを決めて取材する。編集のプロの助言を受けながら、災害について自分なりに考える。

     震災をあまり意識したことがなかったという原さん。神戸市内の小学校で、復興への願いを込めた曲「しあわせ運べるように」を毎年合唱していたが、「もうそういう時期か」と思うだけで、母や祖母に被災体験を尋ねることもなかった。

     陸上競技をやめ、何かに打ち込みたいと思っていた時、大学のホームページでリメンバー117を知った。シングルマザーの家庭で暮らし、周りは女子大生という生活を送っていることから、テーマを「震災と働く女性」に決めた。

     最初に取材したのは、須磨区の自宅でクリーニングの取り次ぎをしていた祖母の藤田牧江さん(75)。震災による長期間の断水で大量の衣類が持ち込まれ、毎日必死に働いたという。トイレに使う水を川からくみ上げるバケツリレーが行われていたり、親戚宅の風呂を借りるため電車に乗ったりしたことを初めて聞いた。

     被災者を自宅に泊めたことやボランティアに助けられことも話してくれた。「まきえちゃん」と名前で呼ぶほど仲が良い祖母の知らない一面だった。「困っている人に何をすればいいんだろう」。自分も被災地ボランティアへの参加を決めた。

     昨年12月には、犠牲者の鎮魂と復興の祈りを象徴する光のイベント「神戸ルミナリエ」の募金ボランティアに挑戦し、体験記事を書いた。今後も働く女性に取材を続け、記事を書くつもりだ。「ちょっとでも同世代の人に見てもらいたい。ずっと忘れないでいることの大切さを伝えたい」と力を込めた。

    ◆   ◇   ◆

    妹亡くした遺族の松本幸子さん、つらい経験が災害備えに

    阪神大震災から25年、6434本の明かりで追悼

    阪神大震災の追悼式典で遺族代表として言葉を述べる松本幸子さん。写真は亡くなった妹の久村文枝さん=14日午後、神戸市中央区(時事)

     阪神大震災から17日で25年。兵庫県など主催の追悼式典で、遺族代表として言葉を述べる同県芦屋市の松本幸子さん(65)は妹の久村文枝さん当時(37)を失った。「震災のつらい経験を語ることが、生き残った者にできること」と語り、災害への備えに生かしてほしいと願う。

     文枝さんは全壊した神戸市東灘区の自宅アパートの下敷きになり、命を落とした。松本さんはその前日、文枝さんと芦屋市内で会い、一緒に海外旅行をしようと話したばかりだった。眠っているような顔の文枝さんを前にショックは大きく、「泣く余裕もなかった」。

     ひつぎに入れる花すらなく、二つあったブレスレットの片方を、亡きがらの手の上に置いた。勤務先も被災。生活面でも苦しい時期が続き、「長くしんどい25年間だった」と振り返る。

     転機は2011年の東日本大震災だった。阪神大震災で支援してくれた東北に「今度は自分が行く番」と決意。14年に福島県でボランティア活動に参加し、苦しむ被災者を見た。同じ思いをする人を出したくないと考え、「(体験を)話さないといけない」と語り部になった。

     毎年、1月17日が来ると「自分もひょっとしたら死んでいたかもしれない」との思いがめぐる。だからこそ「持っている時間で亡くなった人のことを伝える」と誓う。

     「私は全く備えがなかった。震災でどれだけひどい目に遭ったかを語る」のが役割と自負する。「これからの社会を支えていく子供に災害を生き抜いてほしい」。17日の式典では、あの時のブレスレットを身に着け、生かされた者の役目を果たす。

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。