«
»

「長いような短いような、最高の一日だった」

ノーベル賞授賞式から一夜明け、吉野彰さん振り返る

「長いような短いような、最高の一日だった」

ノーベル賞授賞式を終え、メダルを手に笑顔を見せる旭化成名誉フェローの吉野彰さん=10日、ストックホルムのコンサートホール(時事)

 ノーベル賞授賞式から一夜明けた11日午前(日本時間同日夜)、吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)がストックホルム市内で記者団の取材に応じ、授賞式があった前日を「長かったような短かったような。雪も積もり印象的で、最高の1日だった」と振り返った。

 受け取ったメダルを「ずっしりと重い」と語った真意について、「サステナブル(持続可能な)社会、脱炭素社会を実現しなさいという一種の指示。重みがある」と説明。受賞者の立場から、環境問題などについて発信したいと話した。

 滞在中、ノーベル博物館でメダルを模したチョコレートを2000枚買った。親戚らに配るつもりだが「翌日ホテルの部屋に届いたらすごい量。どうやって持って帰るか思案中です」と苦笑した。(ストックホルム時事)

◆   ◇   ◆

「ちょっと和風の味」、晩餐会で華やかな宴を楽しむ

「長いような短いような、最高の一日だった」

ノーベル賞授賞式後の晩さん会に出席した旭化成名誉フェローの吉野彰さん(左)と妻久美子さん=10日、ストックホルム(時事)

 ストックホルムの市庁舎で10日夜(日本時間11日未明)に始まった晩さん会にはノーベル賞受賞者ら約1300人が参加。オーケストラの演奏が流れる華やかな雰囲気の中、化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)は妻久美子さん(71)と歓喜のうたげを楽しんだ。

 晩さん会の冒頭、演奏を背に受賞者らは2階から姿を見せた。えんび服に身を包んだ吉野さんは着物姿の久美子さんの手を取って階段を降り、広間に向かって笑顔を見せた。

 吉野さんは広間の中央に据えられた受賞者やスウェーデン王族らが座るテーブルに着席。晩さん会後、「ロイヤルファミリーは非常にフランクで、気楽にお話しできるような感じ」と振り返った。

 食事は前菜に鴨肉のメイン、ラズベリーシャーベットなどのデザート。吉野さん夫婦は時折顔を近づけ、言葉を交わしながら食べ進め、「ちょっと和風の味、わさび風のスパイスが入りおいしかった」と満足した様子だった。(ストックホルム時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。