«
»

5万人が祝福、ラグビー日本代表がパレード

5万人が祝福、ラグビー日本代表がパレード

パレードを終え、記念撮影するラグビー日本代表=11日午後、東京都千代田区(時事)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを果たした日本代表のパレードが11日、東京・丸の内で行われ、約5万人のファンが祝福した。

 出発点の有楽町電気ビル前では、リーチマイケル主将(東芝)が「日本中がワンチームになったことがうれしい。日本ラグビーがもっと強くなるように頑張りたい」とあいさつ。稲垣啓太選手(パナソニック)、松島幸太朗選手(サントリー)ら28人がスーツ姿で丸の内仲通りの800メートルを歩き、オフィス街の沿道を埋めた観衆の声援に応えた。

 パレードを終えた稲垣選手は「平日にこれだけのファンの方が集まって、本当に感謝の気持ち。声援が温かかった」と話し、田中史朗選手(キヤノン)は涙を流して「ありがとうの一言しかない」と感無量の様子だった。

◆   ◇   ◆

安倍首相が稲垣選手に「笑って」、ラグビー日本代表が表敬

5万人が祝福、ラグビー日本代表がパレード

リーチマイケル主将(右から2人目)らラグビー日本代表の表敬を受け、贈呈された記念品のボールを手に撮影に応じる安倍晋三首相(中央)=11日午後、首相官邸(時事)

 安倍晋三首相は11日午後、ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表のリーチマイケル主将らの表敬を首相官邸で受けた。

 首相が「笑わない男」で知られる稲垣啓太選手に「ちょっと笑っていただくと」と声を掛けたものの、稲垣選手は無表情を貫き、ほかの出席者の笑いを誘った。

◆   ◇   ◆

リーチマイケル主将が「リーチ像」と対面、母校に寄贈予定

5万人が祝福、ラグビー日本代表がパレード

東京・丸の内に設置してある「リーチ像」と写真に納まるラグビー日本代表のリーチマイケル主将=11日、東京都千代田区(時事)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の初の8強入りに貢献したリーチマイケル主将(東芝)が11日、東京・丸の内に置かれている「リーチ像」と対面した。

 W杯大会スポンサーの三菱地所が制作して6月に設置され、ベンチと一体化したアート作品となっている。リーチは11日に行われた贈呈式で像の頭をなでながら「26歳くらいかな。髪の毛の量が違う」と冗談交じりで感想を述べた。

 母校の札幌山の手高に寄贈する予定で「贈ることができてうれしい。何百キロもある。どうやって送ろうか」と言って笑った。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。