«
»

ユニクロ、ベトナムで欧米勢と激しい競争へ

ホーチミン市の中心街に1号店をオープン

ユニクロ、ベトナムで欧米勢と激しい競争へ

開店を翌日に控えたユニクロのベトナム1号店=5日、ホーチミン(時事)

 ファーストリテイリングは6日、ベトナムで初となるユニクロの店舗を南部ホーチミン市の中心街にオープンさせる。ユニクロはこれまで、同国を生産拠点と位置付けてきた。今後は、7%前後の高い経済成長を背景に所得が向上している同国の消費者に狙いを定め、ビジネスの拡大を目指す。

 ベトナム1号店「ドンコイ店」の向かいのビルには、スウェーデンのH&M、スペインのザラ、米国のギャップといった若者らをターゲットにした欧米のファストファッション大手が店舗を構える。ユニクロとの間で、激しい競争を繰り広げることになりそうだ。

 柳井正会長兼社長は5日の記者会見で、「日本が戦後に急成長したようなことがベトナムでも起こり得る」と語り、市場拡大への強い期待を示した。ベトナムでの店舗展開をめぐっては、「100店舗はいく」と述べ、北部の首都ハノイへの早期出店にも意欲をにじませた。

 ドンコイ店は、売り場面積が3100平方メートル強で、東南アジアではマニラの店舗に続く2番目の規模。3フロアに豊富な商品をそろえ、デザインTシャツや機能性肌着のヒートテック、ダウンジャケットまで幅広い日本品質のファッションをアピールする。(ホーチミン時事)

◆   ◇   ◆

開店前から1000人の列、製販一体でビジネス拡大を狙う

ユニクロ、ベトナムで欧米勢と激しい競争へ

オープンしたユニクロのベトナム1号店に来店した買物客=6日、ホーチミン(時事)

 ユニクロのベトナム1号店が6日、ベトナム南部ホーチミン市にオープンした。ユニクロはベトナムを主力な製造拠点の一つと位置付け、年間30億ドル(3200億円強)相当の商品を生産しているが、今後は順調に拡大する個人消費を狙い、製造と販売一体で同国における事業拡大を目指す。

 ベトナム1号店では開店前から約1000人の買い物客が順番待ちの列に並んだ。首都ハノイから来たタインさん(35)は「これまで中国に出かけて買っていたが、ようやくベトナムにも店ができた」と歓迎。「シンプルなデザインが気に入っており、夫と子供にも服を買った」と笑顔を浮かべつつ、「ハノイにも早く店ができてほしい」と期待した。

 ユニクロは、ヒートテックなどの機能性の高い衣料からTシャツ、ダウンジャケットまで幅広い商品を用意。ベトナムにちなんだ独自商品の開発も進める考えで、スウェーデンのH&Mなど欧米大手が先行するベトナム市場に攻勢をかける。(ホーチミン時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。