«
»

避難続く小学生が「バーチャルふるさと遠足」

いわき市の仮設校舎で、古里の双葉町の様子を映像で観賞

避難続く小学生が「バーチャルふるさと遠足」

ドローンで空撮された双葉町の映像を見つめる小学生ら=20日、福島県いわき市

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町の町立双葉南・北小学校で、ドローンや最先端の通信技術を活用し、町の様子を映像で観賞する「バーチャルふるさと遠足」が行われた。

 避難先の同県いわき市の仮設校舎で両校の児童らは、古里の景色を身を乗り出して見つめ、現地で働く人らとの会話を楽しんだ。

 ドローンの空撮映像や、双葉南小の泉田純校長の中継に、子供たちからは歓声が上がった。6年生の横田蒼空さん(12)は「復興が進んでいる現状が分かり、良かった」と笑顔を見せた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。