«
»

太陽系外からの彗星、尾の長さ地球直径の14倍

「2I/ボリソフ」を発見、米エール大がHPで画像を公開

太陽系外からの彗星、尾の長さ地球直径の14倍

太陽系外から飛来した彗星(すいせい)「2I/ボリソフ」(24日にケック望遠鏡で観測)。尾の長さは地球の直径の14倍になった(米エール大提供・時事)

 太陽系外から飛来した彗星(すいせい)を米ハワイ島にあるケック望遠鏡で24日に観測した画像が、米エール大のホームページで公開された。12月上旬に太陽に最接近する見通しで、ガスやちりで構成される尾の長さは地球の直径の約14倍になったという。

 この彗星「2I/ボリソフ」は8月末に発見され、太陽系外から飛来した2番目の天体と国際天文学連合(IAU)に認定された。本体の核は氷が主成分とみられ、太陽に近づくにつれて融解し、ガスやちりが放出される。

 太陽系の彗星との違いが見つかれば、太陽系以外の惑星系を探る手掛かりになるため、太陽系から遠ざかるまで集中的に観測が行われる。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。