«
»

皇居前広場に響く「万歳!」、千余人が集まる

東京タワーで記念展望券、台風被災地では住民さまざま

皇居前広場に響く「万歳!」、千余人が集まる

天皇陛下の即位を祝うため、皇居前広場に詰めかけた人々=22日午後、東京都千代田区(川瀬裕也撮影)

皇居前広場に響く「万歳!」、千余人が集まる

テレビで即位礼正殿の儀を見る台風19号の被災者ら=22日午後、長野市(時事)

 即位の礼が行われた22日、皇居前広場には多くの人が詰め掛け、スマートフォンなどで「即位礼正殿の儀」の中継を見守った。朝から降り続いた雨は、午後にはほとんどやみ、虹がかかった。即位礼正殿の儀を終えた両陛下は車の窓を開けて笑顔で手を振り、沿道の歓声に応えられた。

 皇居正門の見える広場には、1000人以上が集まった。外国人観光客も多く、英語や中国語も飛び交った。岡山県から訪れた菅野順子さん(75)は「式典が始まったとたんに晴れ間が見え、おめでたい気持ちになった」と笑顔を見せた。東京都足立区の会社員・上島信雄さん(58)は「パレードは中止になって残念だが、陛下のお顔を見れただけでも良かった」と興奮を隠せない様子。

 儀式の中で、安倍晋三首相が「天皇陛下万歳」と発声すると、北の丸公園で陸上自衛隊礼砲部隊の礼砲21発が鳴り響いた。それに合わせ、集まった人々も「万歳!万歳!」と声を上げ、天皇陛下の即位を祝った。

 一方、東京タワーでは先着1万人限定で「令和元年 天皇陛下御即位記念」のテキストの入った展望券が販売された。チケットを受け取った人の中には「アルバムに入れて、ずっと大切にしたい」と喜びの思いを口にする人もいた。

 三鷹市に住む岡田キミ子さん(69)は朝のニュースで展望券の販売のことを知り、急いで駆け付けた。「震災などでも国民に寄り添って下さる天皇皇后両陛下にはとても感謝している。私はもうすぐ70歳だが、これからも陛下と令和の時代を一緒に生きていく。そう考えたら、この展望券はぜひ手に入れたいと思った」と言葉に力を込めた。

 前日から東京に遊びに来ていた静岡県浜松市の杉山亘さん(29)は「天皇陛下が即位されたことで、家族みんなが安心安全に健康で暮らせる時代になってほしい」と語った。

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。