«
»

九州北部に前線が停滞、災害への厳戒呼び掛け

気象庁が大雨特別警報解除、2人死亡、佐賀で多数浸水

九州北部に前線が停滞、災害への厳戒呼び掛け

冠水した住宅地から自衛隊に救助される子供と女性=28日午後、佐賀県武雄市朝日町(時事)

 九州北部では28日、日本海に延びる前線の影響で猛烈な雨が降った。気象庁は午前5時50分に福岡、佐賀、長崎各県に大雨特別警報を発表し、午後2時55分に解除した。29日にかけても断続的に非常に激しい雨が降り、再び特別警報を発表する恐れがあるとして、同庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 各県警によると、佐賀県武雄市と福岡県八女市で男性各1人の死亡を確認。佐賀市で女性1人が意識不明の重体となった。

 総務省消防庁の午後3時半時点のまとめでは、佐賀県で多くの住宅に浸水被害が発生。福岡、佐賀、長崎の3県で約87万600人に避難指示が出され、大分県を含めて約100万4000人に避難勧告が出された。

 前線は29日朝に西・東日本に南下し、前線上の低気圧が東北地方付近から千島近海へ進む見込み。広い範囲で大雨に警戒し、落雷や突風に注意する必要がある。九州以外では、青森県の一部に28日夕、土砂災害警戒情報が出された。

 29日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と九州北部150ミリ、北陸と中国120ミリ、関東甲信と近畿100ミリ。その後、30日午後6時までの24時間予想雨量は、東海と北陸、九州北部の多い所で50~100ミリ。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。