«
»

機内に持ち込まない荷物の預け入れはセルフで

成田空港で、東京五輪までに荷物自動預け機72台を導入

機内に持ち込まない荷物の預け入れはセルフで

荷物自動預け機の扱い方を説明する航空会社の社員=20日午後、成田空港(時事)

 機内に持ち込まない荷物の預け入れはセルフで。成田空港の運営会社は20日、2020年開催の東京五輪・パラリンピックまでに国際線に導入する荷物の自動預け機を報道陣に公開した。訪日外国人のさらなる増加が見込まれる中、三つのターミナルに計72台設置する。これまで航空会社の社員が対応してきた手続きを自動化し、混雑を緩和するのが狙い。

 自動預け機の端末に搭乗券をかざすと、バーコード付きの荷札が出てくる。利用者がスーツケースの取っ手などに荷札を巻き付け、近くの運搬台に置くと、バーコードや荷物の形、重さを読み取り、受け付けが完了する。重量オーバーの際は、有人カウンターで追加料金を払えば預けられる。

 所要時間は有人の3分の2で済むという。今月中にも第1ターミナル南ウイングに10台を設置し、順次拡大していく。羽田空港も国内線でセルフ方式を導入している。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。