«
»

南相馬で海開き、9年ぶりに子供たちの歓声

北泉海水浴場で、サーフィン大会やビーチバレーも

南相馬で海開き、9年ぶりに子供たちの歓声

9年ぶりの海開きを迎え、水遊びする子供たち=20日午前、福島県南相馬市の北泉海水浴場(時事)

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県南相馬市の北泉海水浴場が20日、9年ぶりに海開きした。サーフィン大会やビーチバレーのイベントなども開かれ、子供たちの歓声が海辺に響き渡った。

 家族らと訪れた同市の八巻紗姫さん(29)は「人のにぎわいを見て安心した」と笑顔。長男の一翔君(8)は「波が高くてうまく泳げなかったけど、楽しかった」と満足げに話した。

 津波で親戚を亡くした同市の60代女性は「海を見ると落ち着くね。波の音が嫌なこともかき消してくれる」としみじみと語り、「震災前くらい人が戻ってくるといい」と期待した。

 北泉海水浴場は国内有数のサーフスポットとしても知られ、この日は日本プロサーフィン連盟主催の大会やサーフィン教室も開かれた。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。