«
»

築100年超の美濃和紙の商家を高級ホテルに再生

岐阜県美濃市でオープン、さらなる観光客の取り込みを

築100年超の美濃和紙の商家を高級ホテルに再生

NIPPONIA美濃商家町近くに建つ本家松久永助紙店の番頭台で同店5代目の松久恭子さんがフロント業務を行う=3日午後、岐阜県美濃市(時事)

 築100年を超える古民家を改修した宿泊施設が、岐阜県美濃市でオープンした。もともとは地元の名産である美濃和紙の商家だったが、持ち主から寄贈を受けた市が民間企業とともに再生させた。

 開業したのは「NIPPONIA(ニッポニア)美濃商家町」。地元の美濃和紙メーカーも出資する会社が運営する。市は建物を10年間無償提供し、経営を支援する。

 和紙や古い街並みといった観光資源があるだけに、市は古民家を活用した宿泊施設の開業を機に観光客をさらに取り込みたい考えだ。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。