«
»

ハッシュタグは「京アニのために祈ろう」

支援金1億円を突破、被害者ら支援の動きが世界に拡散

ハッシュタグは「京アニのために祈ろう」

爆発火災が起きたアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオの現場近くで、花を手向ける女性と小学生ら=19日午後、京都市伏見区(時事)

ハッシュタグは「京アニのために祈ろう」

アニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで、現場検証する京都府警の捜査員ら=19日午前、京都市伏見区(時事)

 京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ火災の被害者らを支援する動きが、ネット上を含めて世界的に拡散している。火災発生直後からツイッターなどでは「#prayforkyouani(京アニのために祈ろう)」のハッシュタグの投稿が相次ぎ、通称「京アニ」の世界的な影響力を浮き彫りにした。

 「ファンとして強い憤りと悲しみを覚える」「『けいおん!』は私にとって身近な作品で、京アニも身近な存在だ」―。ハッシュタグとともにツイッター上に並んだ言語は、英語や中国語、ロシア語など多岐にわたる。火災から一夜明けた19日も、海外のファンから哀悼の意を述べる書き込みが相次いだ。

 米テキサス州に拠点を置く企業「センタイフィルムワークス」は火災直後、「京アニを助け、癒やす」という名で、インターネット上で寄付を募るクラウドファンディングを開始した。日本時間19日正午時点で目標金額の75万ドルをはるかに上回る約119万ドル(約1億2700万円)の支援金が集まり、支援者も3万5000人以上に達した。

 センタイフィルムワークスは海外に日本のアニメなどを配給している。京都アニメーションによる作品のストーリーや映像の完成度の高さを称賛し、「京都アニメーションは世界中の何百万人もの人々の人生に感動を与え、想像力を刺激してきた」と激励する声明を出した。米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)もツイッターで、「京都アニメーションは世界で最も才能のあるアニメーターと夢を抱く人々がいる場所。京アニのアーティストたちは作品を通じ、世代を超えて世界中に喜びをもたらした」と述べた。(時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。