«
»

韓国代表のジョン・ヨー氏が「シェフ王」に

料理サミットで、淡路島は一足先に国際協調ムード

韓国代表のジョン・ヨー氏が「シェフ王」に

G20大阪サミットを前に淡路島で開かれた「ワールドシェフ王サミット」で優勝した韓国代表のジョン・ヨー氏=26日午後、兵庫県淡路市(時事)

 今週末に20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を控えた26日、各国の有力シェフが料理の腕前を競う「ワールドシェフ王サミット」の決勝戦が兵庫県淡路島で行われ、審査の結果、韓国代表が優勝した。淡路島の食材を取り入れた料理がそろい、島は一足先に国際協調ムードに包まれた。

 コンテストでは腕自慢のシェフ20人が、淡路島産の牛肉やタマネギなどを使った独創的な料理で競演。26日の決勝には韓国のほかルーマニア、ロシア、カナダのシェフが勝ち上がり、牛バラ肉を蒸して煮る「カルビチム」で最高得点を獲得した韓国のジョン・ヨー氏は「G20という世界的イベントが近い中、優勝できてうれしい」と笑顔を見せた。

 サミットでは、人類の持続可能な発展のため食の問題解決をうたった「淡路島宣言」が採択された。主催者の南部靖之パソナグループ代表は閉会式で、「来年も再来年もイベントを続けたい」と話した。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。