«
»

探査機「はやぶさ2」2回目着陸は来月11日に

世界初の小惑星の地下物質採取を目指す

探査機「はやぶさ2」2回目着陸は来月11日に

はやぶさ2が2回目の着陸を狙う地域(画像はJAXA)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」の小惑星「りゅうぐう」への2回目の着陸・試料採取(タッチダウン)を7月11日に行うと発表した。着陸目標地点は4月に衝突装置(インパクター)で生成した人工クレーターの中心から約20メートル離れた地点で、世界初の小惑星の地下物質採取を目指す。

 JAXAは4月の人工クレーター生成後、2回目のタッチダウン実施の可否について安全性を慎重に検討。機体の状態や着陸候補地点の地形などを踏まえ、可能と判断した。

 計画では、はやぶさ2は7月10日から着陸に向けた降下を開始。11日午前11時ごろタッチダウンする。人工クレーターの中心からは約20メートル離れているが、周辺にはクレーター生成時に噴出した深さ1メートルまでの地下物質が堆積しているとみられ、タッチダウンで採取できる可能性が高いという。

 JAXAは当初、りゅうぐうが太陽に近づき、地表温度が上昇することから、着陸可能な期間は7月上旬までとしていたが、その後の解析で同月末まで可能と判明。11日の降下が何らかの理由で中止された場合は、22日の週に再実施することも決めた。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。