«
»

配線が不要に? 部屋中どこでも無線で充電

東大が実証用の部屋を公開、壁や床に送電機構を埋め込む

配線が不要に? 部屋中どこでも無線で充電

東京大の研究チームが開発した、「部屋中どこでもワイヤレス充電」。部屋内のスマートフォンが充電されたり、電球が点灯したりしている=17日午後、東京都文京区の同大学(時事)

 東京大は、部屋中どこでもワイヤレス充電できるシステムを開発し、実証用の部屋を公開した。スマートフォンの充電や照明の点灯などが部屋のどこにいても可能で、将来的には「電池が切れないIoT(モノのインターネット)」システムの実現につながるという。

 東大の川原圭博教授と大学院生の笹谷拓也さんらは、壁や床に送電機構を埋め込み、磁界を発生させて室内空間に電力を送るシステムを開発。約3㍍四方の部屋を研究室内に造り、実用性を検証した。

 100㍗程度であれば安全上問題はなく、将来的には数㌔㍗の電力を送ることも可能だという。笹谷さんは「人が意識することなく、身の回りの機器が勝手に充電されるような世界を目指したい」と話している。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。