«
»

優雅な小瓶がずらり、なんとも優美な薬局

ロワール渓谷にたたずむシュノンソー城に

優雅な小瓶がずらり、なんとも優美な薬局

シュノンソー城に再現された、16世紀の王妃カトリーヌ・ド・メディシスの調剤薬局=フランス・ロワール(AFP時事)

 フランス中部ロワール渓谷にたたずむシュノンソー城に、16世紀の王妃カトリーヌ・ド・メディシスの調剤薬局が再現された。

 優雅な小瓶やポットなど500点以上がずらりと並び、まるで美術館のよう。15日から一般公開される。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。