«
»

栗原恵さん、「やり切り晴れやかな気持ち」

愛称は「プリンセス・メグ」、都内で現役引退の記者会見

栗原恵さん、「やり切り晴れやかな気持ち」

現役引退の記者会見で笑顔を見せるバレーボール女子の栗原恵さん=10日午後、東京都目黒区(時事)

 バレーボール女子で2004年アテネ、08年北京両五輪に出場し、日本のエースアタッカーとして活躍した栗原恵さん(34)が10日、東京都内で現役引退の記者会見に臨み「本当にやり切ったという晴れやかな気持ち。幸せな選手生活だった」と笑顔で語った。4日に自身のブログを通じて引退を発表していた。

 山口・三田尻女高(現誠英高)時代から全日本に選ばれ、「プリンセス・メグ」の愛称で親しまれた。1年前、アテネ五輪で主将だった吉原知子監督が率いるVリーグのJTに入団。「引退を覚悟した上での1シーズンのチャレンジだった」と明かし、「コートに置いてきたものはない」とすがすがしい表情を見せた。

 準々決勝で敗退した五輪2大会については「悔しい思い出が多い。なかなか勝てなくて、もがいていた時間の方が印象に残っている」と話した。

 今後の活動は未定。解説者や指導者は「イメージできていない」としながらも、「何ができるか勉強しながら、バレーボール界、スポーツ界に恩返しできれば」と述べた。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。