«
»

種市篤暉投手「野球殿堂博物館に飾られて光栄」

平成最後の試合でプロ初勝利、ウイニングボールにサイン

種市篤暉投手「野球殿堂博物館に飾られて光栄」

サインをしたプロ初勝利のウイニングボールを指さすロッテの種市篤暉投手=8日、東京都文京区の野球殿堂博物館(時事)

 プロ野球ロッテの種市篤暉投手が8日、野球殿堂博物館を訪れ、展示されているプロ初勝利の記念ボールにサインした。種市はチームの平成最後の試合となった4月29日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で先発、プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールは展示のために回収されていた。

 20歳の種市は「運が良かった。家に置いておくより、ここに飾られる方が光栄」と照れ笑い。記念球は寄贈されて手元に残らないが、「両親は欲しいと思うが名誉なこと」と喜んだ。

 野球殿堂博物館では、各チームが平成最後に行った試合のウイニングボールを勝利チーム監督、最終登板投手のサイン入りで展示している。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。