«
»

関東甲信で大雨に、各地で停電が相次ぐ

福島や茨城で土砂災害警戒情報、太平洋側は高波に注意

関東甲信で大雨に、各地で停電が相次ぐ

東海と関東甲信では、前線の通過に伴い激しい雨が降る所が。風も強まる中、歩く人たちは傘を強く握りしめた=21日午後、東京・JR新宿駅前

 前線の通過に伴い、関東甲信は21日午後も所によって激しい雨が降り、福島県や茨城県の一部に土砂災害警戒情報が出された。大雨は峠を越えたが、気象庁は同日夜にかけて、土砂災害や突風、落雷に注意するよう呼び掛けた。関東と東北の太平洋側は、22日まで高波にも注意が必要。

 山梨県南部町では21日午前8時45分ごろまでの1時間雨量が43・0ミリで5月としての観測記録を更新。福島県いわき市好間町今新田では午後2時40分ごろまでの同雨量が38・0ミリだった。

 22日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、伊豆諸島100ミリ、関東50ミリ。

 関東甲信では各地で停電が相次いだ。東京電力パワーグリッドによると、強風などの影響で発生した可能性もあるという。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。