«
»

安倍首相「世界に大きな感動を与える大会に」

障害者を首相官邸に招き交流、東京パラへ機運高める

安倍首相「世界に大きな感動を与える大会に」

障害者と交流する安倍晋三首相(右手前)=21日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は21日、文化芸術活動に取り組んだり就労したりしている障害者を首相官邸に招き、交流した。障害者の社会参加を促すとともに、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて機運を高める狙い。首相は「世界に大きな感動を与える大会にしたい」と強調した。

 会場では、障害者による太鼓の演奏や商品の展示が行われた。首相は「(演奏は)すごかった」「できるということを世界に発信してほしい」などと話しながら回り、障害者の就労支援に取り組む団体から傘や米などを購入していた。

 首相はこの後、「1億総活躍社会に向け、みなさんの努力や能力がちゃんと評価される社会をつくっていかなければならない」と語った。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。