«
»

初公開、373年前に描かれた観音堂の障壁画

京都市右京区にある世界文化遺産の仁和寺で

初公開、373年前に描かれた観音堂の障壁画

約6年にわたる修復工事を終え特別拝観が始まった、世界文化遺産の仁和寺にある観音堂の障壁画=15日午後、京都市右京区

 世界文化遺産の仁和寺にある観音堂が約6年にわたる修復工事を終え、特別拝観が始まった。

 373年前に描かれ、初公開となる障壁画には、人が輪廻(りんね)転生するとされる六道の世界や、三十三観音菩薩などが極彩色で描かれている。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。