«
»

プリント写真だからこそ伝わる美しさを感じて

東京・赤坂の富士フイルムフォトサロンで

プリント写真だからこそ伝わる美しさを感じて

富士フイルムフォトサロンで開かれているフォトコンテストの入賞作品発表展=東京・赤坂

 第58回となるフォトコンテスト(富士フイルム主催)の入賞作品発表展が、12日から東京・赤坂の富士フイルムフォトサロンで開かれている。1950年に始まったコンテストで、今年は日本の文化、ネイチャーフォトなど5部門に全国から約3万点の応募があり、180作品が入賞した。

 プリント写真を郵送するという応募条件で、自然や日常を切り取ったものから動物や子供の心温まる写真まで力作が集った。大賞に輝いたのは列になるようにうつむいた雌鹿たちの姿をとらえた齋藤雄来さん(京都府)の作品「耳’S」。

 同社宣伝部の萩原剛さん(51)は、「カメラのデジタル化で、フィルムでは撮れなかった高感度の写真が増えている。プリント写真だからこそ伝わる美しさを感じてもらいたい」と話した。18日まで。入場無料。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。