«
»

関東北部未明まで大雪、南部は路面凍結も

気象庁が注意呼び掛け、上空の寒気や南海上の低気圧が影響

関東北部未明まで大雪、南部は路面凍結も

雪が降る浅草寺の雷門前=9日午前、東京都台東区

 関東は9日、上空の寒気や南海上の低気圧の影響で、広い範囲で雪が降った。気象庁は関東北部で10日未明にかけ大雪となる所があるとして、交通への影響や電線などへの着雪に注意を呼び掛けた。

 関東南部は大雪の恐れはなくなったが、10日朝にかけて気温が低く、路面凍結に注意が必要。

 9日午後4時までの24時間に栃木県日光市・土呂部で6センチ、千葉市で2センチの雪が降った。東京都内も断続的に降り、23区東部では一時、1センチ程度積もった。

 10日午後6時までの24時間降雪量は多い所で、関東北部の山沿い15センチ、平野部5センチと予想される。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。